俳 句 の ペ ー ジ

 

俳句鑑賞

ここで取り上げている句は、2022年12月朝日俳壇の入選句です。
鑑賞句はわたしの好みで選んだ句ですから、新聞紙上での上位入選の句とは限りません。
選者は4人おられますので、毎月掲載の順番を替えています。作者ごとの作品の掲載順番は発表された順にしています。

このページは1か月ごとに更新することにしています。 

 

 

小林 貴子 選   

じつとしてゐるが精勤茎の石    取手市 菊地 清人

(あはは・・まさにその通り。でも、どこかの誰かさんのことをあてこすっているようにも思えましたよ。)

手伝はぬいや邪魔をせぬ年の暮   富士市 村松 敦視

(俳句の世界では、このため 煤逃げ という季語がちゃんと用意されています。でも、さすがに今の世の中にはふさわしくないようなので、何か良い季語を創る必要がありますね。)

分からないなりのラグビー胸(たぎ)つ  東京都 夏目 そよ

(もう何十年も前の話ですが、おふくろが高校野球にはまっていました。野球のルールなどは少しも分かっていないのですが、それでも熱心に見ていましたな。)

 

長谷川 櫂 選

人生の灯ともし頃や(ぬく)め酒    八王子市 額田 浩文

(なるほどとは思いましたが、人生の灯ともし頃とは何歳くらい?ここは議論のある所でしょうな。かの泉重千代さんは、100歳過ぎのころ、毎日、焼酎1合を薩摩黒ぢょかで温めて飲んでいましたよ。)

アマゾンの箱の届きてクリスマス  多摩市 谷澤 紀男

(なししろ便利なのでつい利用してしまいます。九州でも翌々日には届きますから。というわけで、お父さんが帰ってくる前に、クリスマスプレゼントがばれてしまいました。)

一言に返す一言夜寒かな      宝塚市 吉田 賢一

(この場合は、老夫婦の淋しい冬の夜です。昔の家は風通しが良いように作られているうえ、古家は立て付けも悪くなっているので、無駄に口を開けていると隙間風が入ってきそうです。)

 

高山 れおな 選

いかがわしきも疑しきも文化の日 松山市 谷  茂男

(ひところは文化という言葉がはやりましたな。大は文化住宅から小は文化釜、どこが?なにが?野暮なことを言っていたら、取り残されてしまいますからね。)

拾ひたき落葉ばかりで拾はざる  藤岡市 飯塚 柚花

(落ち葉の色は11枚違っていて、見れば見るほど美しい。それを全部集めていたら、山になりますよ。「やーめた。」)

十二月第九流れて歯を抜かれ   日進市 松山  眞

(暮れに歯を抜かれてしまった。心配しなくてもよろしい。明けたら、きれいな歯が生えてきますから。でも、これは子供の話。しかし、年寄りだって虫歯にならない立派な歯を作ってもらえます。)

 

大串   章  選

無欲とは大きな欲や日向ぼこ  多摩市 金井  緑

(地位も名誉も財産もなにもいらない。でも、100歳くらいまでは、何とか元気でいたいものですね。)

米寿まで生きて田仕舞するつもり 海南市 榎  好子

(米寿まであと1か月。そのころには田圃の仕事も終っているはずです。米寿の祝いと田仕舞を兼ねて盛大にやりましょう。めでたしめでたし。)

新酒とは無縁古酒さへ放置して 玉野市 勝村  博

(今では、酒が酸化して酢になったりしないように加工がしてあるけど、下戸の人はこうなるのでもったいない。いまはSDGSの時代。なんとか私の方で善処してあげましょうか?)

 

         

アクセスカウンター

 

 

優遊爺さんの家に返る